報道関係者各位
2009年6月12日
株式会社オーシャナイズ

夏の地方選 若者の声で投票を呼びかけ

〜 6月15日(月)から夏の地方選で東京都と兵庫県が連動型紙面でPR 〜

株式会社オーシャナイズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:菅澤 聡)が運営する大学生向け無料コピーサービス『タダコピ』を使い、東京都選挙管理委員会・兵庫県選挙管理委員会が7月5日(日)に投開票が行われる兵庫県知事選挙、7月12日(日)に投開票が行われる東京都議会議員選挙のPRを、それぞれ6月15日(月)より開始致します。地域も対象も違うこの2つの選挙ですが、若年層投票率向上を狙い東京都・兵庫県と連動した紙面企画を展開致します。それぞれ東京都内・兵庫県内の大学に限定して広告を配布します。
夏の地方選
閉鎖された大学内でPR!
テレビや雑誌などマス媒体が接触できない大学内で、学生の生活動線上に存在するコピー機を使ったPRです。ターゲットを100%大学生に絞ることが可能で、若年層の投票率向上を図ります。

連動紙面企画!
大学生の目を引く紙面を制作するため、雑誌『東京グラフィティ』を出版する株式会社グラフィティマガジンズの協力のもと紙面を制作致しました。紙面では、東京都の若者に対して「あなたが描く未来の“東京”はどんなまちですか?」、兵庫県内の若者に対して「あなたが描く未来の“兵庫”はどんなまちですか?」という問いかけを街頭で行い、同年代が頭の中に考えているリアルな声が掲載されています。

東京都では啓発用冊子・学内ポスター・専用モバイルサイトでもPR!
東京都では今回の選挙PRに合わせ啓発用小冊子を制作し、コピー機横にあるラック(都内12箇所)に設置を致します。またコピー機前のポスター掲出や専用モバイルサイトも作成し、大学内で複合的な広告展開を行います。モバイルサイトでは大学生以外にも社会人やご年配の方々の“声”も見ることができます。
啓発用冊子
ポスター
PDFをダウンロード